総量規制でお困りの方もご相談下さい!

キャッシングの総量規制とは?総量規制の概要や対象となるキャッシングの種類

キャッシングの申し込みで、「総量規制」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

キャッシングの利用には審査に通ることが必要であり、収入をはじめさまざまな点から審査されます。

もし安定した収入があり、借入の返済実績があるにも関わらず審査に通らなかった場合は、総量規制が影響しているかもしれません。

今回はキャッシングと総量規制の関係をお話し致します。

≪キャッシングにおける総量規制とは≫

総量規制はキャッシングやカードローンなどからの借入で、利用者が借りすぎてしまい返済不能などに陥るのを防ぐため、利用者保護を目的に返済能力を超える過度な借入を防ぐ制度です。

具体的には、下記3つの項目に応じた適切な貸付条件と照らし合わせた上で、審査が通るか否かを判断しています。

【利用者の収入、借入状況、借入の目的
なお、総量規制における「返済の能力を超える過度な借入」は、年収の3分の1を超えるかどうかを判断基準のひとつとしています。従って、年収の3分の1を超えると審査が通らなくなってしまいますが、ここでいう年収とは、給与や所得だけを含むわけではなく、以下の7つのことを指します。

・給与

・役員報酬

・事業所得

・不動産所得

・年金

・恩給

・株式による収益

≪総量規制における年収の3分の1とは≫

総量規制における「年収の3分の1」とは、1つの業者からだけではなく全ての貸金業者からの借入合計を指します。

例えば年収300万円の人であれば借入できる上限は100万円ですが、すでにA社から60万円を借りている場合は、B社からは40万円までしか借りられず、借入の総合計が年収の3分の1を超えない必要があります。

銀行の融資などでは、保証人がいることで借り入れがしやすくなる場合がありますが、キャッシング審査における総量規制では、保証人がいても年収の3分の1以上の借入をすることはできません。

さらに、年収の3分の1までなら必ず借りられるというわけでもなく、貸金業者の審査では年収以外に借入状況などもチェックし返済能力の有無を判断するため、状況によっては年収の3分の1以内でも借入ができない可能性はあります。

【ソフト闇金エンリッチのキャッシングは総量規制対象の方もご利用可能!】

弊社では自社基準での審査を行っております。

その為、他社では融資を断られてしまった方でも審査が通るようになり、その日の内のご融資が可能となります。