債務整理後でもご融資可!

過去に債務整理などのいわゆる金融事故歴がある方だと、銀行系はもちろん大手消費者金融からも借入することは不可能です。

さらに、住宅ローンや車のローン、不動産新規賃貸契約をすることも不可能になってしまい、生活に大きく支障をきたすことになってしまいます。

しかし、病気やけが、冠婚葬祭などでどうしても急にお金が必要になってくる場合もありますよね。

今回は、債務整理後、どのくらいの期間、タイミングからカードローンキャッシングでの融資が可能になるのかを説明します。

≪債務整理をした情報は完済後何年で消える?≫

新規の借入が不可能になる「ブラックリスト」が消えるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

結論から言うと、5年~10年と言われていて、手続きをした債務整理の種類によって、期間が変わってきます。

4種類の債務整理

・任意整理

・個人再生

・特定調停

・自己破産

≪債務整理の種類による末梢までの期間の違い≫

・任意整理の場合任意整理は利息軽減等による返済金額の減額はあるものの、結果として双方の合意のもと支払いを継続していくものですので、任意整理手続きをしてから5年間で末梢されるというのが一般的です。もちろん任意整理後に延滞などをしてしまった場合はこの限りではありません。

・個人再生や特定調停の場合個人再生や特定調停などの「裁判所を介する債務整理」を行った場合、任意整理と同様に返済は継続していきますので、裁判所に個人再生を認められた時から5年間で末梢されることが大半です。

・自己破産の場合借金の返済の責務を合法的に免れる自己破産の場合、免除(=免責)から10年間かかるといわれています。
長期間新たな借入を行うことが出来なくなります。

※債務整理後の期間としては先述したとおりなのですが、あくまで期間は目安として考えてください。というのも、信用情報機関によってはブラックリスト末梢までの期間を明確化していませんので、詳細にどのタイミングまでかは判明していません。また、上記の期間後も抹消されていなかったりすることもあります。

≪ブラックリストから消えたどうかを知るためには≫

ブラックであるという情報が信用情報機関から消えたかどうかは、手間はかかりますが、インターネットまたは郵送で簡単に調べることが可能です。

・全国銀行個人情報信用センター(銀行系)

・シーアイシー(信販会社系)

・日本情報信用機構(クレジット・サラ金会社系)

信用機関に照会して、事故情報が消えたことが分かったとしても、以前契約していた(借入していた)会社からは絶対に借りられません。

なぜなら、貸金事業者は信用情報機関への照会とは別に、自社でブラックリストを保持しているからです。

この『自社ブラックリスト』は、あくまで自社内でのリストになりますのでブラックの履歴が消えることはありませんので、一度でも債務整理を行った貸金業者からの借入は諦めたほうが良いでしょう。

【ソフト闇金エンリッチはなぜブラックでも借りられるのか?】

金融ブラックと聞くと、どこからも融資を受けられないと想像してしまいそうですが、当社はソフト闇金業界でも営業経験が長く、ブラックの方でも積極的に融資を行ってきた強みがあります。

また大手消費者金融と違い、審査をパソコン任せのオート審査にせず申込一件一件の金融情報を専任スタッフが見て判断するので結果、審査に柔軟(ブラックでも対象)になるのです。

当社では、ブラック以外のお客様の中でも総量規制、勤務先属性(アルバイトや派遣社員など)にとらわれず、全ての方を対象に即日融資を行っており、どなた様も便利で手軽にご利用いただけます。